会  則 ・ 規  程 等


 会長及び監事の選出に関する規程

全国保健所長会会則第9条第2項に定める会長及び監事(以下「会長等」という)の選出について、総会での選出を円滑に行うため、次の通り推薦手続き等を定める

PDF版(250KB)  l  最終更新:平成27年2月18日



PageTop

 1.   候 補 者 の 推 薦 に つ い て

(1) 候補者の推薦
① 候補者は全国保健所長会代議員とする。
② 推薦を行う会員は候補者の同意を得た上で別紙様式1にしたがって略歴等を記入後、各地域ブロック・部会(以下「ブロック等」という)ごとにまとめて会長に提出する(別紙様式2)。推薦については自薦、他薦を問わず、会員が所属するブロック等以外の代議員も可とし、ブロック等内で一本化する必要はない。
(2) 次期会長等候補者の推薦依頼の周知
会長は、選出年度の6月までに次期会長等の推薦依頼を全会員に周知するものとする。

 2.   推 薦 委 員 会 (以下「委員会」という) の 設 置 に つ い て

(1) 委員会は、会長等の選出年度に設置する。
(2) 委員会は、ブロック等ごとに1名ずつ代表が指名し、合計11名で構成するものとする。
(3) 委員は全国保健所長会を代表して、会長等候補者の推薦に関わる事務を行う。
(4) 推薦された候補者及び推薦者が委員となることはできない。
(5) 委員長は、委員の互選による。
(6) 委員の任期は、会長等を選出する総会(以下「総会」という)の終了までの期間とする。

 3. 委 員 会 の 開 催 に つ い て

(1) 委員長は総会前に開催される第2回理事会までに委員会を開催する。
(2) 委員長の判断によりメール開催をすることができる。

 4.   委 員 会 の 任 務 に つ い て

(1) 委員会は、総会までに、会員より推薦を受けた候補者の中から。会長候補者1人、
監事候補者3人を選定し総会において推薦するものとする。
(2) 委員会は、総会までに、推薦する会長等候補者の承諾を得ておくものとする。
(3) 委員会は、第2回理事会において、推薦作業経過等について報告するものとする。

 5.   総 会 に お け る 選 出 方 法 に つ い て

(1) 総会における会長等の選出にあたって、委員会の委員長は、議決の前に、会長等候補者の推薦作業経過及び会長等候補者の経歴等について、説明するものとする。
(2) 会長等の決定は、推薦された会長等の候補者について、出席会員の過半数の賛成をもって行う。

 6.   そ の 他

この規程に定めるもののほか、選出に関し必要な事項は、会長が理事会に諮って定める。
 
全国保健所長会会長・監事推薦書 [様式1.2](238KB)
附  則 
この内規は平成11年4月1日より施行する。
附  則
この内規は平成17年5月17日より施行する。
附  則 
この内規は平成21年4月1日より施行する。
附  則
この規程は平成27年4月1日より施行する。

PageTop