セミナー・研修会等


更新:平成29年11月21日


PHSS2017は、8月26日・8月27日に開催されました。
ご参加くださいました受講生、ご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。


公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナー (PHSS) 2017 終了のお知らせ

例年ご好評をいただいているPHSSですが、平成29年8月26日(土)と27日(日)の2日間、東京都港区内で開催しました。医学生・臨床研修医・若手公衆衛生医師など45名の参加をいただき、夜の意見交換も含めて充実したセミナーとなりました。 ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

参加者からは、「公衆衛生医師といっても様々な仕事や道があることが分かった」 「ケーススタディが興味深かった」などの声が聞かれました。

プログラム

    1日目

  • アイスブレイク                大阪府富田林保健所 宮園将哉 所長
  • 保健所医師として勤務する魅力         全国保健所長会 宇田英典 会長
  • ケーススタディ(食中毒と感染症)       北海道倶知安保健所 人見嘉哲 所長
  • 公衆衛生分野の人材育成について        国立保健医療科学院 曽根智史 次長
  • 社会医学系専門医と公衆衛生医師のキャリアパス 大阪府富田林保健所 宮園将哉 所長

2日目

  • 厚生労働省から保健所医師への期待~保健所医師の重要性~
    厚生労働省厚生労働省健康局健康課地域保健室  海老名英治 室長補佐

  • グループワーク(HIV感染者への理解と支援)  長崎県上五島保健所 宗 陽子 所長

  • 実際の保健所医師の仕事風景          東京都大田区保健所 高橋千香 課長

  • 参加者からのひとこと             群馬県館林保健所 武智浩之 所長

写真

研究班分担事業者 廣瀬所長(挨拶)

写真

全国保健所長会 宇田会長(講義)

写真

セミナー会場の様子

写真

グループワークの様子

PageTop

公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナー (PHSS) 2017 のご案内 

ご案内

PHSS2016のご案内チラシ
「サマーセミナー(PHSS)2017
開催のご案内」 (352KB)

地域の公衆衛生活動に興味のある医学生・若手医師のみなさんへ

 ご好評をいただき今年で6回目の開催となります。現役公衆衛生医師によるケースメソッドやグループワークを通じて、普段耳にする機会の少ない行政や地域保健の現場の生の声、公衆衛生活動の魅力をお届けします。参加者同士の横のつながりができるのも好評です。

参加申込方法

平成29年6月26日(月)より募集開始します。 ※先着30名、募集終了8月4日(金)

  • 申込方法: メールにて下記を送信。件名は「2017申込」
    申 込 先: phss.owner@gmail.com

  • 記入事項:
    1)氏名
    2)ふりがな
    3)勤務先または在学校名
    4)所属(右記から選択:医学生、初期研修医、臨床医、大学院、行政医、その他)      
    5)卒後年数または学年(行政医の場合、行政経験年数も)
    6)連絡先メールアドレス
    7)1日目(8月26日(土))の出欠
    8)意見交換会(1日目夜)の出欠
    9)2日目(8月27日(日))の出欠

お問い合わせ

PHSS(Public Health Summer Seminar)2017運営委員会
運営委員長 武智 浩之(群馬県館林保健所(兼)桐生保健所)
事 務 局  日本公衆衛生協会 若井・斉藤
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-8
TEL 03-3352-4284   FAX 03-3352-4605
E-Mail:phss.owner@gmail.com

PageTop