image  セミナー・研修会等


更新:2021年09月09日

PHSS2021オンラインは8月21日・22日に、PHCC2021オンラインは9月4日に開催されました。
ご参加くださいました受講生、ご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。


公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナー(PHSS)2021 オンライン
公衆衛生医師合同相談会 (PHCC)2021 オンライン 終了のお知らせ

ご報告

PHSS 2021 オンライン

今年度で10回目になるPHSSを8月21日(土)-22日(日)に開催しました。

緊急事態宣言のためリアル会場の中止や、コロナの第5波真只中の業務対応のためキャンセルせざるを得ない参加者もいましたが、それでも全国から59名の医学生、臨床医、若手公衆衛生医師等が御参加くださりました。

各講演後にグループワークの時間を設け、参加者が運営スタッフの26名の公衆衛生医師たち、行動経済学者の大竹文雄先生、NPO法人PolicyGarageのメンバーたちと意見交換をして理解を深めるとともに、交流関係づくりのきっかけにもなる2日間となりました。これからも一層の工夫を重ねながら、公衆衛生行政を志す皆様の期待に応えられるセミナーにしていきたいと思います。御参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

当日の資料他

  • 講演1 
    永井仁美 (大阪府茨木保健所 所長) 「公衆衛生医師のキャリアパス」(940KB)
  • 講演2 
    宮園将哉(大阪府健康医療部保健医療室 副理事) 「社会医学系専門医制度」(341KB)
  • 講演3 
    大竹文雄(大阪大学感染症総合教育研究拠点 科学情報・公共政策部門 行動経済学ユニット特任教授、大阪大学大学院経済学研究科(兼任) )
    「ナッジ:公衆衛生医師に求められる行動経済学的視点」 (資料は非公開です)
    大竹文雄先生のご講演に興味のある方、聞き逃した方は、ホームページ や YouTube、著書『医療現場の行動経済学~すれ違う患者と医者~』『行動経済学の使い方』などをご覧ください。大竹文雄先生のご講演の後のグループワークでは『行動経済学(ナッジ)とデザイン思考を駆使して、地方自治体から政策を変えることを目指すNPO法人PolicyGarage』さんから 代表の津田広和さん、他2名の協力をいただきました。PolicyGarageをもっと知りたい方 はこちらをご覧ください。
  • 講演4 
    藤田利枝(長崎県県央保健所 所長) 「DHEAT:災害時における公衆衛生医師の役割」(1.1MB)
  • 講演5 
    宇田英典(地域医療研究所ヘルスプロモーション研究センターシニアアドバイザー)
    「公衆衛生のやりがいと医師としてのアイデンティティ」(1.8MB)

PHCC 2021 オンライン

昨年度より開始しました、公衆衛生医師・医学生合同相談会(PHCC)ですが、今年もオンラインにて、9月4日(土)に開催しました。医学生・臨床医・若手公衆衛生医師など32名の参加をいただきました。運営スタッフ28名も合わせ、60名の参加となりました。

本年度はグループをさらに9つに分け、参加者がより相談しやすい環境にしました。参加者の公衆衛生への興味もより増したのではないか、と感じています。

PHCCが医師としての進路や将来の働き方を考える上での道標となれば幸いです。御参加いただいた皆さま、御協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

当日の資料

PageTop

(↓ 以下は、開催前のお知らせです。 ↓)


公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナー(PHSS)2021 ハイブリッドオンライン
公衆衛生医師合同相談会 (PHCC)2021 オンライン 開催のお知らせ

開催方法が変更となりました

PHSS2021は、リアル会場での開催を予定しておりましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大および会場である大阪府への緊急事態宣言の発令を受けて、オンラインのみでの開催に変更いたしました。 会場での参加を予定しておられた皆様には大変申し訳ございません。

開催のご案内

PHSSのご案内チラシ
サマーセミナー(PHSS)2021
公衆衛生医師合同相談会2021
開催のご案内 (411KB)

地域の公衆衛生活動に興味のある医学生・若手医師のみなさんへ

毎年好評の公衆衛生 若手医師・医学生サマーセミナーを、今年は初の試みでハイブリッド形式にて開催します!
※オンライン形式のみに変更となりました。

リアル会場の大阪に来られない方も、Zoomでどこからでも参加できます。 公衆衛生医師の仕事、役割やキャリアパスなどについて知る絶好の機会。 新型コロナウイルス感染症に立ち向かう公衆衛生医師、保健所医師と交流してみませんか。

また、9月4日(土)の合同相談会では、地域別・テーマ別にグループ相談会を行います。普段はちょっと質問しづらいこともどんどん聞いてください。 公衆衛生医師に関する素朴で直球の質問や相談を受け付けます。


プログラム: プログラムの詳細はこちらからご確認ください。(404KB)

【サマーセミナーPHSS】令和3年8月21日(土)、22日(日) 講師紹介(256KB)

  • 1日目  8月21日(土)13:30-17:30
    • 13:40 講演1 永井仁美 (大阪府茨木保健所 所長)        
      「公衆衛生医師のキャリアパス」
    • 14:30 講演2 宮園将哉(大阪府健康医療部保健医療室 副理事)
      「社会医学系専門医制度」
    • 15:30 講演3 大竹文雄(大阪大学感染症総合教育研究拠点 科学情報・公共政策部門
      行動経済学ユニット 特任教授、大阪大学大学院経済学研究科(兼任) )
      「ナッジ:公衆衛生医師に求められる行動経済学的視点」
  • 2日目  8月22日(日)09:30-12:30
    • 09:40 講演4 藤田利枝(長崎県県央保健所 所長)        
      「DHEAT:災害時における公衆衛生医師の役割」
    • 10:40 講演5 宇田英典(地域医療研究所ヘルスプロモーション研究センター
      シニアアドバイザー)
      「公衆衛生のやりがいと医師としてのアイデンティティ」

【合同相談会】令和3年9月4日(土)13:00~16:00 

  • 13:10 講演 宮園将哉(大阪府健康医療部保健医療室 副理事)        
    「公衆衛生医師の役割とキャリアパス」
  • 13:40 事前質問回答
    司会:広島市南保健センター 平本恵子 / 高松市保健所 藤川愛
  • 14:10 グループ相談会① エリア別
    ①北海道・東北ブロック ②関東ブロック ③厚生労働省
    ④中部・関西ブロック ⑤中国・四国・九州ブロック
  • 15:00 グループ相談会② テーマ別
    ①臨床から行政へ ②家庭と仕事の両立 ③感染症対応とQOL
    ④仕事内容とキャリアパス ⑤専門医制度や学位取得

【参加費】いずれも無料
 ・サマーセミナー: リアル会場(先着30名まで)、オンライン(先着60名まで)
 ・合同説明会: オンライン(先着60名まで)

参加のお申し込みは、令和3年8月15日(日)まで。詳しくはチラシをご覧ください。

お問い合わせ

サマーセミナー運営委員長 横山勝教(香川県小豆保健所)
合同相談会運営委員長 西田敏秀(宮崎県高鍋保健所)
事 務 局  日本公衆衛生協会 若井・斉藤
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-8
TEL 03-3352-4284   FAX 03-3352-4605
E-Mail: entry.phcd@gmail.com

PageTop