研究事業


最終更新:平成27年07月13日|掲載:平成27年04月21日

地域保健対策におけるソーシャルキャピタルの活用のあり方に関する研究
平成25年度(2013)-平成26年度(2014)
住民組織活動を通したソーシャルキャピタル(SC)の醸成・活用における課題を明らかにし、その効果的な育成・支援・協働に向けての「手引き」を作成するとともに、その実践ができる地域保健人材の育成プログラムを開発する。
報告書
ダウンロード
一般財団法人 日本公衆衛生協会ホームページで資料をダウンロードできます。

開く
※アイコンをクリック
研究代表者 藤内 修二  (大分県中部保健所)
研究分担者 笹井 康典  (大阪府枚方保健所)
櫃本 真聿   (愛媛大学医学部附属病院)
福島 富士子  (東邦大学)
尾島 俊之  (浜松医科大学)
田中 久子  (女子栄養大学)
村嶋 幸代   (大分県立看護科学大学)

PageTop