image  研究事業

健康危機管理について

平成26年度 |平成25年度 |平成17年度



公開 平成26年12月1日

日本版標準 (ICS/IAP/AC) 健康危機管理調整システムを理解するための資料集

平成26年度地域保健総合推進事業
「健康危機管理機能充実のための保健所を拠点とした連携強化事業」班 作成

 保健所長及び保健所職員が健康危機管理調整の体制づくりに活用できるよう、ブロック連携推進会議の意見交換をもとに作成いたしました。
著作権 山梨県中北保健所  所長 古屋 好美
連絡先: furuya-ahkr@pref.yamanashi.lg.jp
TEL:055-237-1381 ・  FAX:055-235-7115

公開 平成26年12月1日

県内外・ブロックにおける医療サージ対応検討部会報告書

平成25年度地域保健総合推進事業
「健康危機における保健所の調整機能の強化に関する研究」 医療サージ検討部会 作成

 医療サージ(医療機関の収容力や対応力を超える緊急事態)12事例を収集し、保健所が実施する危機管理調整における課題と対策を考察いたしました。
著作権 山梨県中北保健所  所長 古屋 好美
連絡先: furuya-ahkr@pref.yamanashi.lg.jp
TEL:055-237-1381 ・  FAX:055-235-7115

公開 平成17年9月30日

健康危機管理・保健所災害対策 マニュアル

大阪府泉佐野保健所作成
 大阪府においては、平成16年度より、様々な健康危機事象に対して、組織的かつ機動的に対応するために、医師を長とする所内横断的な「健康危機管理チーム」を各保健所に設置し、健康危機に備えた総合的な準備を行うとともに、健康危機時には保健所組織の中核として活動するとしている。チームは保健所組織の中核となる職員(ラインの長、及び関係職種の中核となる職員)で構成し、健康危機時には、チーム員が中核となって保健所組織として職員全員が対応するとしている。本マニュアルは、健康危機による健康被害の未然防止及び健康危機発生時の対応等について、大阪府健康危機管理指針に基づき、大阪府泉佐野保健所が果たすべき役割を定めたものです。
image
著作権 大阪府泉佐野保健所  所長 岡澤 昭子
連絡先: 大阪府泉佐野市上瓦屋583-1   
TEL:0724-62-7701 ・  FAX:0724-62-5426   
担当 田所昌也
発表論文等

平成16年度地域保健総合推進事業

ページのトップへ戻る