image  研究事業(その他)

平成19年6月5日掲載
平成20年4月10日更新

メタボリックシンドローム対策

○メタボリックシンドローム撃退サイト(練馬区保健所HP)
 いつでもアクセスしてメタボを撃退
~メタボリックシンドロームの予防啓発ツールが、24時間365日利用できます~

練馬区が契約している、メタボリックシンドロームの予防、改善に向けて、健康づくりの取り組みを支援するサイト ウェブサービス『健康・介護チャンネル』 にリンクします。
団体番号に nerima と入力してログインしてください。 練馬区保健所『メタボリックシンドローム撃退サイト』が利用できます。
主なメニュー
○メタボリックシンドロームとは?
○健康手帳:ご自身の健診データを入力することによって、メタボリックシンドロームの危険度や体内状態の動画シュミレーションが表示。
○健康日記:体重、腹囲、歩数などの記録をグラフ等に作成し、健康管理を支援します。
生活習慣問診結果に基づき健康目標のお勧めプランを表示します。
○心とからだの健康状態をチェック!:簡単な質問に答えるだけで、生活習慣病のリスク度やストレスなどの状態が自己チェックできます。
○食事バランスチェック:あなたが食べた1日3食のメニューから、食生活をチェックしてアドバイスします。

練馬区健康いきいき体操

さあ、体操しましょう。○練馬区健康いきいき体操 (練馬区保健所HP)
練馬健康いきいき体操
平成19年8月は、練馬区が板橋区から独立して60周年。
これを記念して、練馬区の歌にあわせた健康いきいき体操を作りました。
立位と座位のバージョンがあります。

保健所は体操を区民に精力的に普及中で、パンフレットを保健所、保健相談所、出張所等で配布し、DVD、ビデオ、CDは図書館等で区民に貸し出しています。
ホームページにも動画配信しています。

肩こりに特に、よく効きますよ。

練馬区保健所では、就業前に職員がそろって体操をしています。
朝、しっかり体を伸ばして、「本日も元気にがんばろう」の掛け声で仕事開始 
ねりまお口すっきり体操

「ねりま お口すっきり体操」

「ねりま お口すっきり体操」作成しました。(平成20年2月1日)
 練馬区では、独自に保健所歯科衛生士が中心となり、口腔機能体操を歯科医師会、健歯会のご協力で作成しました。監修;東京都老人医療センター歯科口腔外科医長平野浩彦氏 体操創作者; 健康運動指導士 原眞奈美氏。

お口の周囲の筋肉をストレッチすることで、食べ物をかんで飲みこむ、話をするという動作をなめらかに行うことができるようにするものです。
特に食前におこなうと効果があります。イスなどに座って行いましょう。

母子

○ 練馬区子どもの虐待防止対策 (平成17年度)
○ 練馬区保健所では、母子手帳にマタニティーマークをつけて配布しています。

食品衛生

 食品関係営業者のための「あなたのお店の便利帳」(4700KB)ができました。

情報提供:東京都練馬区保健所長
中西好子
ページのトップへ戻る