研修会

平成23年度(2011) 全国保健所長会w研修会

掲載 : 平成24年2月13日

平成23年度 全国保健所長会研修会
東日本大震災から学ぶこれからの公衆衛生のあり方
~ 災害時の保健所相互支援の今後のあり方:DPAT(仮称)構想とは ~
平成24年1月30日(月)~1月31日(火)
仙台市商工会議所 7階大会議室 (宮城県仙台市青葉区)
開会挨拶:澁谷 いづみ 全国保健所長会会長
1日目 「被災県の保健所から学ぶ」

1 )「宮城県の現状と課題」

宮城県気仙沼保健所長 西條 尚男 資料(95KB)

宮城県大崎保健所保健師 臼井 玲子 

○座長 石川県石川中央保健所長 伊川あけみ

2 )「岩手県の現状と課題」

岩手県宮古保健所長 柳原 博樹 資料(194KB)

岩手県一関保健所管理栄養士 澤口 眞規子 資料(129KB)      

○座長 石川県石川中央保健所長 伊川あけみ
3 )「福島県の現状と課題」

福島県相双保健所長 笹原 賢司  資料(102KB)

福島県県中保健所管理栄養士 積口 順子 抄録(41KB)  

○座長 東京都多摩立川保健所長 大黒 寛

4 )「東日本大震災被災地保健所に対する今後の支援のあり方に関する研究」報告

愛知県一宮保健所長 松本 一年
抄録(38KB)・  スライド資料(1,059KB)

○座長 東京都多摩立川保健所長 大黒 寛

2日目 「今保健所は、大規模震災にどの様な体制で取り組むのか」
1)「多田羅班自然災害分野からの報告」

長野県飯田保健所長 佐々木隆一郎  
抄録(61KB)
スライド資料(9,420KB)

○座長 大分県西部保健所長 安達 国良


2)「東日本大震災への対応をふまえた健康危機管理の方向性」

厚生労働省健康局総務課地域保健室室長補佐 岡田 就将
スライド資料(2,827KB)

○座長 大分県西部保健所長 安達 国良


3)「今後の保健所危機管理研修とH-crisisの方向性について」

国立保健医療科学院 健康危機管理研究部長 金谷 泰宏
資料(99KB)
スライド資料(5,398KB)

○座長 大分県西部保健所長 安達 国良

4)「大分県内の連携と全国の連携モデル(DPAT構想)について」

大分県福祉保健部健康対策課長 藤内 修二
抄録(42KB)
スライド資料(234KB)

○座長 兵庫県洲本保健所長 柳 尚夫

5)「地方自治体の災害対応計画・準備」

米国連邦危機管理庁 元危機管理官 リオ・ボスナー
抄録(25KB)
スライド資料(1,397KB)

 

平成23年度全国保健所長会研修の講師をしていただいたボスナー氏より、参考にしていただきたいとレポートが2つ送られてきました。ご活用ください。 (平成24年08月26日掲載)

  1. 日本の災害対応の課題と提言
  2. Japan's response to a Large-Scale Disaster: Can't it be improved ?

 

 



○ 座長 岡山市保健所長 中瀬 克己
スライド資料(1,398KB)

閉会挨拶  佐々木 隆一郎 全国保健所長会 副会長
ページのトップへ戻る